長距離 引越し

長距離の引越し。混載便、JR貨物、チャーター便など料金や選択肢はいろいろ!

長距離の引越しには、混載便、JR貨物、チャーター便、あるいはレンタカーでトラックを借りて自分でやるなど選択肢がいろいろあります。料金面や日程面など都合に合わせていろいろ選びましょう。

 

ただ、やはり長距離の引越しの場合、問題となるのが、料金の高さ、そして日数がかかること、といったところでしょうか。料金が高いのは、移動距離があるから、致し方ないのですが、それでも何とか解決策はあります。といっても、それは引越し日数に余裕がある場合です。

 

長距離の引越し

日数に余裕がない場合は、例えば航空機を使った長距離引越しサービスなどがあり、速ければ東京?札幌でもその日中に引越しが可能だったりしますが、それだとそこそこ費用がかかります。ということで、
日程に余裕があり、ある程度融通がきくなら、ぜひ混載便を活用するのをお勧めします。
混載便。長距離ならではの輸送手段と言えるでしょう。引越し業者にも混載便を利用するプランがあります。同じ方面の引越しの荷物を、まとめて輸送することにより、個々の費用を抑える事ができるというものです。また、全国へ路線便を運行している運送業者の路線便を利用するという方法もあります。混載便はある程度荷物が集まってからの運行になりますので、もしすぐに荷物が集まらなければ、それまで待たないといけません。

 

また、当然ながら、日時の指定はできません。引越し業者の混載便を利用する場合は、ある程度の日数がかかってしまうことは覚悟しないといけません。一方、路線便を持っている運送業者を利用する場合は、おおよその場合、毎日運行されているので、引越し業者の混載便よりは日数はかからないかもしれません。が、荷物の破損や紛失などのトラブルの可能性がないとはいえないので、その点は留意して下さい。

 

なお、費用を安くするために、ニッポンレンタカーなどで2tトラックなどを借りて、自分で引越しするという人もいると思いますが、トラックの運転は慣れていないと大変です。特に長距離はそうです。

 

レンタカーでトラックを借りて引っ越し。格安2トントラックより…

レンタカートラック

http://www.rental-truck.jpn.org/

 

上記の姉妹サイトにて、その他、自分でやるのをお勧めできない理由をまとめていますので参考にしてみてください。

アリさんの長距離引越しプラン

アリさんマークの引越し社では、長距離のお引越しに向けたプラン、3つあります。長距離のお引越しは時間もかかりますし、お金もかかります。色々工夫して、できるだけオトクに、ムダなく引越し出来れば・・ということで、提案しているものだそう。

 

どういうものかというと、まず、一番いいプランが「長距離スペシャル便」。これは、利用者のお好みに合わせた形、つまりオーダーメイドが出来るというもの。コスト的には3タイプの中では一番値が張りますが、その分要望に応じたとても満足度の高いお引越しができることでしょう。

 

ふたつ目は「長距離エコ便」。これは顧客満足度も高いプランですが、一番スタンダードというか、普通というか、3つの中ではちょうど真ん中のプランです。

 

みっつ目は「長距離エコリーズナブルパック」。これは3つの中で一番リーズナブルなプランです。長距離のお引越しをよりオトクにしたい人に向けたもの。

 

具体的にこれら3つにはどのような違いがあるのかというと、まず「スペシャル便」は、完全チャーター便。間に別の業者が入らない、すべてをアリさんのスタッフがやってくれるものです。時間などもすべて自由に設定可能です。

 

2つ目の「エコ便」は途中、長距離輸送のところをJR貨物列車を利用するというもの。コストも抑えられますし、何より地球にも優しいですよね。

 

そして3つ目の「エコリーズナブルパック」は、途中の輸送を「JRコンテナ便」を利用するというものです。貨物駅までの輸送にも他の業者をうまく使う事で、輸送のコストを削減しています。どれを選ぶかは、利用者の考え方次第ですね。

【コラム】北海道に引越しが決まったら…

長距離引越しの代表格といえば、東京-北海道ではないでしょうか。ただ、北海道とひと言でいっても、とても広くて、北海道のどこなのかで色々と準備するものとかは違ってきます。というのも、札幌などの大都会だったら、首都圏とさほど変わらないでしょうし、場所によっても雪の降る量や気候も全然違います。

 

北海道札幌市

 

ただ、やはり暖房費は本州、西日本などよりはかかるでしょうし、靴に滑り止めがあったほうがいい、など、そういう対策は必要そうです。それから雪かきをしなければいけないというのもあります。できればロードヒーディングのあるところのほうがラク、という声もあります。

 

例えば暖かいところから北海道に引越しすることになったとき、同じ時期でもその気候、温度の差に驚いてしまうかもしれません。5月。九州ではすでに初夏でも、北海道ではやっと冬が終わったかどうかくらいの肌寒さ。それでも北海道に住んでいる人にとっては「ちょっと暑いなあ」みたいな感覚・・・まずは体感温度が違うっていうこと、大いにあるのではないでしょうか。

 

でも、もし引越しで北海道に住む事が決まったのなら、北海道をぜひぜひ満喫して下さい。最初の冬は戸惑ってしまうかもしれませんが、住めば都!です。お子さんのいらっしゃる家庭なら、ソリでお買い物、なんていうことも出来るかもしれませんね♪ 長距離の引越しは、住み慣れた街を遠く離れて不安ですが、楽しみなことをいろいろ思い描いてみましょう!